思うがままに。

〜頑張らないことが目標〜

変な人に絡まれた

今月から復帰して、沢山嬉しいことがありました。

でも、今日はすごく困った話を書かせてください。

人間関係に関することです。

 

 

午後、働いていると他の部署のAさんが突然席に来て「すみません。ちょっと良いですか」と声をかけられました。

 

【Aさんの情報】

・7,8年くらい入社歴が上の男性

・ほぼ初対面(復帰初日に挨拶したくらい)

・変な人(突然キレる)との情報あり

・昨年秋に異動してきた

・仲良しの同僚から「Aさんがゆっこのことすごく見てるよ」と言われていました。(私は見られている自覚無し)

 

仕事のことor手伝って欲しいことでもあるのかな?と『何でしょう?』と席をたちました。

すると、Aさんは「ちょっと…」と言って歩いて行くので、急ぎなんだな〜と思ってついて行きました。

 

居室から出て歩きながら「ここ(職場)って雰囲気悪くないですか?」と言われて

頭がハテナだらけになりました。

私は居室を出てすぐ立ち止まったのですが、そこは沢山人通りもあるためAさんが「〇〇棟へ行きましょう」と言い歩いて行きました。

 

この時点で、

業務と無関係(しかも職場の愚痴)の話

をしようとしていることは分かりました。

 

意味の分からない行動をとるAさんが不気味で怖く、恐怖で『戻りたい』『嫌だ』と思っているのに行動をとれませんでした。

とにかく、不安で怖くてツラかったです。

 

その後、隣の棟に移りましたが入ったところで立ち止まってみたものの「もう少し行きましょう」と人気のない方へ進むため、本当に嫌でした。

変な人だという情報を持っていた為、人気のないところで変なことされるかもしれない、とこれ以上進まないようにとにかく頭を働かせました。

 

椅子が見えたので、『もうここにしませんか』と言いました。

 

そこから、Aさんの会社の悪口、上司の悪口、住んでいる地域(かなり田舎)の悪口、本部にいた頃の悪口etc

を言われました。

大抵のことに同意を求める聞き方をされたのですが、『ここで同意と取られる返事をすると後で仲間にされるかもしれない』と同意はせず、流して返事をしていました。

Aさんは楽しそうにイキイキと悪口を話していました。

 

とにかく、業務中に意味分からないし

今まで関わりもなく、ほぼ初対面だし、部署も違うのに、本当に気持ち悪かったです。

 

30分ほど経って、さすがに帰りたかったですが、突然キレるという情報もあったので、冷たく『迷惑なんで戻ります』とか言ったら、この人気のない場所で何かされるかも、と思い悩みました。

『寒くなってきたので戻りませんか。』と言って、戻ることにしました。

 

戻りながら、何とも言えない感情で泣きそうでした。

・Aさんに対する怒り

・愚痴のはけ口にされるという、なめた態度

・なめられてるんだという虚しさ

・業務を止めても良いだろうと思わせた自分の仕事の取り組み方

・嫌だ!迷惑だ!キモイ!と言えない自分の弱さ

・休職の原因にもなったストーカーのことがフラッシュバック

・また変なやつに目を付けられた

・こんなに目を付けられるってことは、自分が隙だらけだから、自分が悪いんだ

 

ただひたすらマイナスの感情で、悲しくて悔しくてイライラして、苦しかったです。

 

席に戻った時、仲良しの同僚と目が合って涙が出そうになりました。

戻って来れた安心感と、私はリワークで何を学んで来たんだろう?何で毅然と断れなかったんだろう?と悔しさで、本当に泣くところでした。

 

だけど、泣いたら"治ってないんじゃないか"とか余計な心配をかけてしまうので、とにかく耐えました。

 

 

復帰して2週間も経たずなのに、こんな爆弾のような出来事がありました。

本当にショックです。

 

男の人に好かれようと、ニコニコしてしっぽ振ったりしてる訳じゃありません。

勘違いさせたりしてないと思います。(挨拶交わしたことしかない)

 

Aさんも私が女だから声をかけた訳ではないかもしれません。私が男でも声を掛けていたかもしれません。

 

でも、完全に私の事なめてると思います。それが悔しいです。

 

 

この出来事があってから、ちょっと自分でも戸惑うくらい、調子が悪いです。

こんなヤツのせいで、また調子狂ったらイヤだ…

 

復職が決まりました

2月はバタバタと進んでいます。

 

2月中旬に職場の方がリワークまで来て下さり、主治医・担当スタッフと情報共有をしていただきました。

途中から私も混ざって、希望を伝えたりしました。

 

そして、先日会社で産業医面談があり、そこで上司とも久しぶりに会いました。

戻ってからの働き方(業務内容)や就業時間など話し合いました。

産業医もOKで3月から復職です。

 

 

現部署に戻ることになりますが、私がいた時にお世話になっていた方は、かなりの数異動でいなくなっています。

新たな部署に行くような感じかなと思います。

 

リワークの方も今月はいつものプレゼンもありつつ、修了課題もあります。

20分くらい1人で発表しなければいけません。

急遽復帰時期が決まったので、10日間くらいで作らなきゃいけないので、結構焦っています。

(他のメンバーさんの進捗を聞いていると、結構前もって復帰時期が分かる方が多く、3週間くらい準備している)

 

でも、だいぶ完璧主義は減ったと思うので何とかなりそうです。

徹夜もする気はないし、限られた時間で出来るレベルで良いやと思うようにしています。

 

そういえば、久しぶりに職場に行った際に廊下で偶然会った次長に

『みんな楽しみに待ってるよ〜』って声を掛けて貰いました。

その一言だけでもホッとして、嬉しくなりました。

 

初日は緊張すると思いますが、今は心配しても仕方ないので、リワークの課題にしっかり向き合います。

 

以上、報告でした。

ストレスに気付くこと

2月になりました。

前回はプレゼンに対する不安を吐露した記事になってしまいましたが、プレゼンは何とかなりました。

 

司会進行もリワークのスタッフさんや他の医療関係者の方々から、スムーズで良かったと言って貰えました。

 

褒めてもらえて嬉しかったですが、質疑応答の場をもたせられたのは、メンバーさんとの作戦や偶然質問してくださる方がおられたからなので、本当にありがたい気持ちです。

 

タイトルのお話ですが、、、

今回は自分のストレスに気付けていなかったと思いました。(ストレス自体には気付いていたけれど、自分の予想の3倍はストレスだったということ)

12月のプレゼンで発表者になった時は、スライドも早々完成していたので自分の緊張感や不安に向き合う時間がありました。

でも、今回は司会の資料作成やゲストの配席を考えたり、自分達の発表スライドやQ&A対策を考えたり、ギリギリまで仕事がありました。

だから、緊張や不安に気付けていませんでした。

 

前日は頭痛が酷く、そのせいで夕食が取れないと思っていましたが、プレゼン当日の昼食も殆どノドを通りませんでした。

吐き気がして食べられないとかではなく、食欲がないのです。

気持ち的には食べなくても良いのですが、身体のために粘って少しは食べました。(食べないとご飯代がプラスで徴収されます。ちなみに少しでも口を付けたらセーフです。)

 

食べられない状況でも、「あれ?今日は頭痛くないのに食欲がない。何でだろう?」と思うくらい、緊張や不安に気付いていませんでした。

おかしいと気付いてから、漸く前日の頭痛や食欲不振がストレスから来るものだと分かりました。

 

そう言えば以前から、過度に何かに集中すると食欲がゼロになります。

仕事でも昼食を食べなかったりしていたことを思い出しました。

お腹空いてないんだから、食べなくて良いや!

痩せるからラッキー!

くらいにしか考えていませんでした。

 

適応障害と診断されて休職してからは、どんどん食べられなくなっていって(ほぼ寝たきり)、さすがに食べないとと危機感を覚える頃には、食べ物を受け付けない身体になっていました。

フラフラになりながら、歩いて病院へ行って点滴をしてもらっていました。

その時は、食べられないことがつらくて、お腹好かないこともつらかったです。

 

今回は終わりが分かっているストレスイベントだったので、食事を取らないのは前日と当日のお昼だけで済みました。(プレゼンが終わった途端にお腹空いた笑)

 

ただ、職場に復帰してストレスが長く続く環境になると、食べないことが何日も続いてしまうことになります。

 

担当スタッフさんともお話をして

・食欲を無くす前にストレスに気付いてコントロール出来るようにする

・食欲が無くなってしまった時に、どうやったら食欲が戻ってくるか

2つの対策を復職までに考えておきましょう、となりました。

 

リワークへ通いだしてから生活のリズムも良くなって、ストレスがあっても認知行動療法などで乗り越えて順調に思えていました。

でも、最後の最後にストレスイベントがあって、自分の困った行動(食欲不振)を思い出すことが出来ました。

本当に大きな学びに繋がると思います。

 

スタッフさん曰く、私は極度に集中すると血流がほぼほぼ脳に流れてしまうので、胃腸には行かず、働きが疎かになってしまっているのかも、と。

食事のことが頭に入ってくる余裕がないんだと思います。

実際、プレゼン当日もきちんと昼食を摂っているメンバーさん達を眺めて"何でみんなパクパク食べれるんだろう?"と不思議でした。

私の中では緊急事態なので、食べてる場合じゃないんでしょうね…困ったもんだ。(熊に襲われた時にお腹空かないのと同じ?)

 

マインドフルネスが私の個人課題ですが、まさに"今ここで"の考え方が大事なんだろうなと思います。

1時間後のプレゼンの進行をイメトレして思い悩むのではなくて、今席に座って食事を摂っていることに意識を戻して、味わうことが出来るようになりたいです。

 

 

と、ここまで長々と書きましたが

今週の診察で復職可能の診断書を書いてもらえることになりました。

再来週に復職の面談を受けます。

 

1歩ずつ、進んでいます。

漸く明日で1月が終わる

何だか1月は疲れました。

お正月もあって、リワークに行く日が少なかったはずなのに。

 

理由はプレゼンが大変だからだと思います。

主治医や担当スタッフさんにも言われていますが、私は周りの環境に左右されやすいようです。

周りに攻撃的な人がいたら振り回されるし、消極的な人がいたら自分がやらねばと仕事を抱え込むし…

誰しも少なからず環境には左右されますが、それが過度のようです。

 

なので、プレゼンも班のメンバーや役割によって負荷がかなり違います。

10月はつらくて、11月・12月はラクで逆に刺激がなく、今月はつらいです。

 

特に今回は司会進行役もすることになっています。

開会の言葉や講評を貰うために事前にスタッフさんにお願いへ行ったり、進行のタイムスケジュールを立てて、スタッフさんと打ち合わせをしたり。

3班の意見を聞いて集約したり、、、

自分の苦手な仕事が盛り沢山です。

 

もちろん自分の班のプレゼンもあるので、そちらの準備も。

班の方は前回の記事でも書きましたが消極的なので、自分が動かないとと思ってやってきて疲れました。

班長が役割をしてくれないので、私が他の班とやり取りしているけど、どうすれば良かったのだろうか?

班長の仕事だから「どうなっても知らない」と思えるなら良いんだけど、、

何回かは『〇〇の確認、他の班長さんと共有した方が良いと思いますよ〜』と言ったし、言えばやってくれるけど、班長自身は"どれが共有や相談しなきゃいけないものなのか"が分からないのだと思います。

だから班長には悪気はないのです。

 

ただ、班長に一つ一つ指摘(?)する自分が嫁をいびる姑みたいで嫌だなと。

てか、正直めんどくさいです。 

そのくらい気付いて?

そのくらいは分かるでしょ?

というのが本音です。

(将来子供が結婚したら、めっちゃ嫌な姑になりそう笑)

 

こういう相手へのイライラや不満って、相手に期待してるからなんですよね。

初めから期待しなかったら、こんなイライラは生まれないし、何か少しでもしてくれたらラッキーだと思えます。

 

でも、それはかなり難しいです。

特に自分がやりたくないこと、しんどいことをしている時は無理です。

最低限このくらいはして欲しい

と思ってしまいます。(ちなみに、私の"最低限"はかなり要求していることがあるとスタッフさんに指摘された)

 

リワークに行っても、根本の考え方を変えるのは難しいですね。

 

今日はリワークの途中から頭痛が酷くて吐き気もあって、かなりしんどかったです。

帰りたいなと思いつつ、最後までプログラムを受けたのは回復した結果だと思います。

帰宅して横になって仮眠をとっても治まらず、ロキソニンを飲みました。

食欲もないので白ご飯にノリを巻いて食べました。

(倒れる前や療養中は食べたくなかったら食べなかったので、無理にでも何かを口にすることもリワークで変わったことかなと思います)

 

明日のプレゼン発表なんて、もうどうにでもなれ。

気が付けば2020年

随分ブログを放置してしまいましたが、明けましておめでとうございます。

 

何度か書こうとしては、上手くまとまらなくて諦めたりしてしまってました。

今回は、軽く近況でも書こうかなと思います。

 

まず復職の面談を1月に受けたかったのですが、それは間に合いませんでした。

私が産業医と復職面談する前に、主治医やリワークのスタッフが職場と情報共有してくれるそうです。

 

情報共有とは私の体調のことやリワークでの取り組み、復職後に職場に配慮してもらいたいこと、また職場からの要望などを話し合うみたいです。

復職には不安が付き物ですが、自分の状態をきちんと伝えられることは、不安を少しは解消できるのかなと思います。

 

それが今週あるため、主治医・担当スタッフさん・職場の保健師・部長・私というメンバーで面談が…!

きっと緊張するんだろうなと思います。

でも"まあ、なるようになるか"と思えるようにもなってきました。

 

そして産業医面談は月に1回しかないので、2月に受けることになりそうです。

・3月に元の部署に戻ることになるのか?

・4月まで復帰させて貰えないか?(部署が超繁忙期の為)

・4月に違う部署に転勤になるか?

のどれかになるかなと予想しています。

 

復職のスケジュールは、受け入れ先の状況によっても変わってくるので、意識的にゆったり考えたいと思います。

※スケジュール通りにいかないと、すごくストレスを感じてしまうから。計画通りいかない事の方が世の中多いと気付いたのがアラサーっていう…(苦笑)

 

 

さて、最近のリワークでは今月のプレゼン準備でイライラが半端ないです。

自分の気持ちが荒ぶったり、落ちたりした時に、自分の感情に目を向けられるようになりました。

※今までは、イライラとか不安とか見て見ぬ振りをしていて、爆発するまで気付いてあげなかったので。

 

同じ班の2人が消極的なのです。

私は今回プレゼン発表会の司会を担当するので、班長でも発表者でもないけれど、プレゼンの打合せでは2人全然話さない。

意見も出さないし、話を振ったり進めたり、まとめたりしない。

 

この1週間ちょっと、

・ミーティングで話を振る

・プレゼンの構成やアイデアを提案

・本来班長の業務である提出書類を手伝う(班長はPCが苦手)

・PC操作が分からないからと言われて、別の課題をしている最中に一旦手を止めて教える

etc

 

今日はまたこの1週間が始まるのかと思うと、朝からグッタリでした。

朝のミーティングでは、最初黙っていたら2,3分沈黙でした。※結局、自分から切り出した。

率先してまとめたい!アイデアがあるから言いたい!みたいなタイプではないので、かなり苦痛です。

 

PCが苦手なのは仕方ないと思うので、9月10月頃は聞かれたら好意的に教えていました。

あれから5ヶ月経ち、あの頃よりはPCが出来るようになっていますが

・USBの抜き方が分からない

・「ウォーキング」と入力する際に小さい"お"の出し方が分からない

・班のフォルダーを複数コピーしてどれが最新か分からなくなったと言ってくる

など、もう何回教えたと思ってるの?と思うことが多々あります。

 

スタッフさんにも聞きにくいのか、私に聞いてくるので、かなりグッタリしてきました。

 

もう1名の方は、上記の方より頼ってくることは少ないですが、ほぼ意見を言わないので(聞いてみても特に意見がない)、何を考えているか不明です。

 

今月のプレゼンは、内容もスライドもかなりレベルが低い状況です。

正直、1人でやった方がストレスが少なく納得いくものが作れると思います。

今回このメンバーになったのは

・1人で抱え込まない/引き受けない

・納得のいかない内容でも、ある程度で諦める(脱完璧主義)

・仕事の出来ない人と仕事をすることになった時の対処を考える

ということかなと思います。

 

スタッフさんとの先月の面談で

①仕事が全然出来ないけど、自分と同じお給料を貰っている人がいたらどう思いますか?

②将来色んな人をまとめていく立場になると思いますよ

というような話をされたので、今回のメンバーを聞いた時にスタッフさんの意図は汲み取れたつもりです。

 

①については、休職前に中途採用のおばさんが全然仕事出来なくてフォローばっかりしていて、でもおばさんの給料は私より断然良いという状況に、かなりのストレスだった。

という過去の自分の課題(今もか…)と

復職後は私がいわゆる仕事の出来ない人(数ヶ月時短勤務、業務内容にも配慮してもらう)になるので、そうなった時に自分を責めない&無理して頑張らないように出来るか

という直近の自分の課題だと思います。

 

今、ここまで書いてみてプレゼンに関しては

「自分はギブばっかりしてて疲れた。イライラする。この2人みたいにテイク側の人間になれたら楽に生きれるのに。てか、何でテイクやのにメンタル病んでんねん!」って気持ちでした。※こんな気持ちを実は抱えていて、2人には申し訳ないです。

 

でも、復職後のこと考えたら

完全にブーメラン!!!

普通に自分はテイク側の人間やん。

てか、1年休職してる時点で会社からテイクしかされてないやん。

と気付きました。

 

復職したら、少しギブが出来るようになりますが、テイク多めで生きていくつもりです。

仕事以外に関しても、これからの人生頑張らないで生きていきたいです。

そして、1番課題なのは"頑張らない自分を認めて、許すこと"。

 

 

2020年もよろしくお願いします。

 

また前向きに

こんにちは。

今日は何だかブログを書こうかなと思って更新します。

 

前々回の記事にコメントいただいてありがとうございます!

お返事が遅くなってしまっていて、すみません。もう少しかかりそうで、先にお星様☆を本日付けさせていただきました。

 

 

前回、信頼している方の異動が決まってへこんでいた私ですが、あれから2,3日で気持ちを切り替えて元気にしています。

改めて、自分は何で復職したいのか考えてみました。

 

先輩がいなくなることにショックを受けたのは確かだけれど、先輩に喜んで欲しいから復帰したい訳ではない

と気付きました。

※先輩が喜んでくれたらもちろん嬉しいですが。

 

自分の人生の選択として、単純に

もう一度職場に戻って働きたい

と思っていることを再確認しました。

 

そう思うと、戻った先に先輩がいなくてもゴールは変わらないなと。

そして、どうしようと不安になっていることの大半は、復帰してみなきゃ分からないことが多いことにも気付きました。

建設的な悩みではなくて、ただの反すうになっていたようです。

 

だから、今は以前より前向きにリワークに参加していますし、頑張ろうという気持ちです。

 

今月のプレゼンのグループが発表されて、私が苦手としている人と同じ班でした。

先月は穏やかで平和だった分、課題に直面することも少なくて、自分の成長を感じる場面も少なかったです。(贅沢すぎる悩み)

なので、今回は苦しみそうな分、沢山何かを得られれば良いなと思っています。

 

苦手だと思っている人とお仕事をしたり、関わることは絶対避けられないので、リワークという守られた環境で練習しようと思います。

早速、その方の攻撃的な言葉にやられそうになりながらも、その方の良い点を見つけたり、ニュートラルに言葉を受け止めると違った捉え方も出来て、"私の人格を否定している訳じゃない"と思えたりと、進歩を感じます。

 

そして、今月のプレゼンのテーマが生活習慣なので、私は入浴と睡眠について小さな実験をしています。

調べてみると、睡眠を促す為に就寝時間の90分〜3時間前に入浴すれば良いと書いてありました。

なので、実際に入浴後どのくらいで自然な眠気が来るのかをメモしています。今週いっぱいする予定です。

一人暮らしを始めて2年半以上ほぼシャワーしか入っていないので、湯船に浸かるというのも実践しています。

 

 

さて、話は変わりますが…

今日リワークで低血圧で倒れかけました。

以前にブログに書いたかもしれませんが、個別の課題としてマインドフルネスをしています。

週一回スタッフさんに教えてもらって、1週間1日2回行っています。

 

今日は3回目で、初めて立位で行うマインドフルネスでした。

スタッフさんに教えてもらいながら、腕を伸ばすストレッチや、身体の側面を伸ばすストレッチetc…を進めていると気持ち悪さを感じました。

 

"お腹空いたのかな?"

"いやいや、朝ご飯の食べ過ぎ?"

"水分不足かな?"

と考える程度の軽い吐き気でした。(瞑想出来てない?!苦笑)

 

少し経つと

"これ終わったらトイレで吐くかも"

"とにかく耐えろ、頑張れ"

と思うほど、気持ち悪くなってしまいました。

 

それでも我慢して、続けていると

目の前がチカチカして、耳鳴りが。

さらに我慢して"早く終わってくれ!"と考えているうちに

ボヤけてスタッフさんが見えなくなり

目の前の色がなくなって

耳鳴りが酷くて音が聞こえなくなりました

"あ、コレはダメなやつだ"

と漸く気付いて、スタッフさんの名前を呼んだら

きっと見るからに朦朧としていたのでしょう、すぐに駆け付けてくれて(結構距離を置いて立っていた)、支えてくれました。

あと数秒遅れていたら、バタンと倒れていたかもしれません。

 

とりあえずその場に座らせてもらって、横にならせてもらいました。

すぐに血圧計を持ってきて測ってもらいました。(こういう時、医療機関って強いな〜)

血圧測ってもらってる頃には、視界も元に戻ってきて、耳鳴りも減ってかなり回復していましたが、だいぶ血圧が低かったみたいです。

 

思い返せば、高校生の時運動場での朝礼で同じような状況になってしゃがみ込んだことがありました。

あと、大学生の頃お酒に慣れていなかった時は帰りの電車で立っていると、全く今日と同じ状況になって、途中下車してホームのベンチで休むということもありました。

 

立ちくらみは普段から多いですし、きっと脳貧血的なものなんだと思います。

 

ただ、スタッフさんには

『マインドフルネスをすることで、思い出したくなくて蓋をしたものが、開いてしまって気分が悪くなることもある』

と教えてもらいました。

自宅でも試してみて、同じように気分が悪くなれば、今回の立位のマインドフルネスは中止し、さらに他のマインドフルネス自体も体調が悪くなるようなら、辞めましょうと言われました。

 

今回倒れた時には、フラッシュバックしてないですし、嫌なことを考えてしまった訳でもなかった(むしろスジが伸びて気持ちいい。痩せそう。とか考えていた)ので、様子を見てマインドフルネスを続けられたらと思います。

 

結局、今日1日は脳貧血を引きずっているのか、身体がだるくてしんどいけれど、気持ちは落ち込んでなくて元気です。

 

また不定期になりますが、更新します。

色々思うこと

サボり気味という題名の記事を書いて、そのまま本当にサボっていました。

特段何も健康に問題は無く、11月を終えました。

 

 

今日、自分にとってかなり衝撃的なことがありました。

私が入社してから指導してくれていた先輩が異動になったのです。朝、メールを読んだ時、動悸がして何も考えられなくなりました。

とても親身になってくれていたし、仕事の悩み事も聞いてもらっていて、尊敬している人で大好きな人です。

 

総合職は転勤が付き物なので、私より先に異動するだろうとは思っていたものの、実際に報告された時はショックでした。

 

先輩がいない職場に戻る

 

正直、不安でいっぱいです。

それと同時に、復職後も先輩に甘えようとしていた自分の考えに気付き、ガッカリしました。

1年休んでいることで、私の部署も周りの部署も知らない人だらけになっています。だけど、その先輩がいることが私の心の支えだったのです。

 

そして、何より私はその先輩ともう一度一緒に働きたかったのです。

あ〜、間に合わなかった

と悔しい気持ちになりました。

 

私の復職へのモチベーションの中に、"その先輩とまた働く"ということがかなり大きかったようで、ガックリしています。

2月に戻りたいと主治医と話していますが、もう繁忙期後の4月でも良いかなと思ったり。

※主治医やリワークのスタッフさんは繁忙期に戻したくないと言っていますが、今は説得する気力がないのです。

 

先輩へのメールも返事が打てなくて…

考えていると涙が出てきます。

ご迷惑やご心配をおかけしてしまったことや不甲斐ない自分を思い出します。

 

今日中に返事をしたいなと思っていますが、とりあえず少しの時間考えるのを辞めてみようと思います。

 

 

もう1つ思うこと。

先週くらいに、元韓国のアイドルグループの方が亡くなられました。

めちゃくちゃ衝撃でした。

学生時代流行っていて、そのグループの中で1番その子が好きでした。

可愛くてスタイルが良くて、お茶目で。

 

半年前に自殺未遂をした報道にもビックリしましたが、日本で活動をスタートして歌番組などで時々見かけるようになり、笑顔も見られるから"少しずつ回復しているのかな?良かったな"と思っていました。

 

だから、かなりショックでした。

元気そうにしているけど、ギリギリで頑張っていたんだろうなと思います。すごくツラかったんだろうなと思います。

 

書き残したメモに『自分を愛せなくてごめんなさい』とあったと報道を見ました。

 

自分を愛せないってすごくつらいこと。

自分の1番の敵が自分になってしまう。

周りが沢山褒めたとしても、本人には何も響かない…

 

私自身、自分が嫌いで嫌いで仕方なくて、周りから褒められても不安でした。

リワークでの課題も、自分を好きになること・自分を認めることを挙げています。

 

自分のことを愛するって、すごく難しけどとても大切なことなんだと思います。

 

彼女のことを考えると苦しいです。